« 「~感ずるままに...。」#6. | トップページ | 「~感ずるままに...。」#8. »

2012年4月27日 (金)

「~感ずるままに...。」#7.

昔の「三方一両損」を思わせる、辻褄合わせのような主文ではあったが、無罪判決の(実を取った)意味は極めて大きい。
小沢氏と擁護派は、この日から民主党の原点に立ち返って、多くの国民が支持した、同党が掲げた憲法に限りなく立ち返ってほしい、と願う。

同党憲法とは、真逆のことばかりを行なってきた現執行部は即退陣し、その一切の責任を取るべきであり、取らさなければ一般国民は到底納得しない。
個々に例を挙げるつもりはないが、自民党が行なってきた以上に国民無視、官僚、財界、米国寄り等の姿勢は厳しく糾弾されるべきである。

国民の声をあなどってはいけない。
怒れる国民は無数に益々現出しているのだ。

例えば昨日の、大飯原発「再稼働」の地元説明会にしても、最初から「再稼働」ありきの”姿勢に立って”説得に邁進しているとしか思えない。
消費税を始めとする増税、ご都合主義の瓦礫処理、電気量は最初から原発頼りの姿勢等、どこから見ても国民目線からはほど遠い。

現内閣の即時退陣と、福一事故の、本当の意味での収束、そして責任。
直接国のトップを選ぶシステムがない日本の内閣府とはいえ、現状は見に耐えない状況下にある。

小沢氏がトップに立てとは言わない。
が、氏の精神をモロに遂行する内閣にぜひ変わって欲しいと願う。

一日も早く、現況の、日本の悪夢から眼を醒まし、多少なりともまともな国に回帰して戴きたい。
「脱原発」「即時全廃炉」は言うまでもない。

« 「~感ずるままに...。」#6. | トップページ | 「~感ずるままに...。」#8. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1670435/45047311

この記事へのトラックバック一覧です: 「~感ずるままに...。」#7.:

« 「~感ずるままに...。」#6. | トップページ | 「~感ずるままに...。」#8. »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30