« 11・9 日弁連会長声明全文転載(原文のまま) | トップページ | 「憲法9条は私の宝物」 »

2012年12月 7日 (金)

城南総研「脱原発」リポート

・有識者による主な原発ゼロのメッセージ

*主な発言(敬称略)
小出裕章(京大原子炉実験所助教);
 ・人間には放射能を解毒化する力はない
 ・毒性は10万年保持され、未来の世代の重荷になる
田坂広志(元内閣官房参与);
 ・学術会議は日本で放射性廃棄物の地層処分は適切ではないと報告した
 ・原発ゼロは選択の問題でなく、不可避の現実
桜井勝延(福島県南相馬市長);
 ・原発事故で、仕事や住まい、将来を奪われた人達に国や東電はどのように責任を取る  のか
河合浩之(弁護士);
 ・脱原発基本法の制定に力を注いでいる
 ・高まる国民の声を法律という形で固定化したい
加藤登紀子(歌手);
 ・悲しい歴史を社会が踏み石に出来たか
 ・それがその国のその後の歴史に関わってくる
藤田和芳(大地を守る会代表);
 ・命を守る農業に大きな傷を付け、未来の子供達に大きな不安を与える原発は共存出来 ない
 
落合恵子(作家);
 ・一部の人達の利益の為に、多くの人達が犠牲になるシステムを変えなければいけない
池田香代子(ドイツ文学翻訳家);
 ・日本は地熱の資源量世界3位で、技術もある
 ・24時間発電出来る地熱にかじを切るべきだ
鎌田慧(作家);
 ・3.11は、原発に反対する人達が力を尽くして戦ってこなかった結果
 ・今出来る事をやっていく
小林よしのり(漫画家);
 ・脱原発は倫理にかなう上、経済成長も見込める
 ・明日の日本や子供達の為になる
広瀬隆(作家);
 ・自然エネルギー普及を待たず原発を即時全廃出来る新エネルギー技術が既に日本に ある
 *以上は「原発に頼らない安心できる社会」を目指す城南総合研究所の第2弾となるリ  ポートに掲載されたメッセージの一部。
 *東京新聞12.7朝刊紙面から転載。
 *なお一部平仮名を漢字に変えさせて頂いています。

« 11・9 日弁連会長声明全文転載(原文のまま) | トップページ | 「憲法9条は私の宝物」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1670435/48117486

この記事へのトラックバック一覧です: 城南総研「脱原発」リポート:

« 11・9 日弁連会長声明全文転載(原文のまま) | トップページ | 「憲法9条は私の宝物」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30