« 「忖度という論理」 | トップページ | 2014.9.24「筆洗」 »

2014年5月24日 (土)

明日はR.キャパの命日

伝説的な戦場カメラマン、ロバート・キャパは1943年の秋、第2次大戦のイタリア戦線にいた。
激戦の末、群衆の歓喜に迎えられつつたどり着いたナポリで彼は、学校の前にのびる列を目にする。
それはドイツ軍への抵抗運動に身を挺し、命を落とした少年らの葬儀だった。
校内には20の棺が安置されていた。
粗末な棺は小さすぎて、かわいい足がはみ出していた。
かつてはファシストをたたえ万歳を叫んだであろう大人たちの歓迎の声より、その小さな足こそが自分を出迎えてくれたのだと、キャパには思えた。
脱帽してカメラを取り出した彼は、最後の棺が運び出されるまで撮り続けた。
名作「ちょっとピンぼけ」にキャパは書いている。
「この飾り気のない小学校の葬式でうつした写真こそ、戦いの勝利の一番の真実を示すものであった」
眼前で苦しむ人がいるのに、自分は記録することしかできない。
そんな葛藤を抱えながら、キャパは戦争の真実に肉薄しようとした。
文豪スタインベックは彼の写真をこう評している。
「ひとりの子供の顔の中に、あの民衆全体の恐怖を示した」
スペイン内戦からインドシナ戦争まで5つの戦争を追ったキャパは、ちょうど60年前の5月25日、地雷を踏み40歳で逝った。
きょうもあすも、紛争やまぬ世界のどこかで、小さな遺体が粗末な棺に納められてしまうのだろうか。
2014.5.24 東京新聞朝刊/筆洗より
*読みやすいように改行、算用数字に変えさせてもらいました。

« 「忖度という論理」 | トップページ | 2014.9.24「筆洗」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1670435/56295209

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はR.キャパの命日:

« 「忖度という論理」 | トップページ | 2014.9.24「筆洗」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31