« 明日はR.キャパの命日 | トップページ | ツイッター改変タイトル今から考えています… »

2014年9月24日 (水)

2014.9.24「筆洗」

「枕草子」を持ち出さずとも秋は夕暮れか。
夕焼けが美しい季節である。
<まっかっかっか空の雲>
空気が澄んで、赤が絶妙な色を広げる。
あれは「懐かし光線」である。
光線を浴びると人は昔を思い出す。
映画「ALWAYS三丁目の夕日」(2005年)あたりの「昭和ノスタルジー」は、もはや一時的な社会現象ではなく、世の中にどっしりと定着した感じがある。
リーマン-ショック、東日本大震災などの暗い出来事。
超高齢化や人口減という真っ暗な将来は、日本人を未来よりも高度成長期だった昭和三十、四十年代の過去に思いを向かわせた。
「昔は良かった」である。
2012年12月の衆院選で、自民党が使った宣伝文句は「日本を、取り戻す。」だった。
今さらとはいえ、実に巧みである。
取り戻そうというのは元気だった時の日本。
あの時代へ帰りましょうよと呼び掛けた。
バラ色の将来なんて、誰も信じられない。
自民党の訴えは過去を懐かしむ世の中の気分にきれいにはまった。
日本人は劣化したと、最近よく耳にする。
ばかげた事件を見れば、同意したくなるが、これもやはり「ノスタルジー」の裏返しか。
昔の人は立派だが、今の人は。。
世の中、将来に前を向く気分がもう少しほしい。
「過去」が夢とは寂しくないか。
夕日をいつまでも見ていたいが、それだけなら、本当に「劣化」しかねない。
2014.9-24

・東京新聞朝刊から 原文のまま。ただし読みやすいように改行だけさせてもらいました。

« 明日はR.キャパの命日 | トップページ | ツイッター改変タイトル今から考えています… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1670435/57474345

この記事へのトラックバック一覧です: 2014.9.24「筆洗」:

« 明日はR.キャパの命日 | トップページ | ツイッター改変タイトル今から考えています… »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31