« 為すべき事が山程あろう! | トップページ | あと2本載せたかったが。 »

2016年8月12日 (金)

75という数字

75歳と相成りました。

75という数字は、実は、私には重い数字だったのです。
厳密に言えば、去年意識していた数字でした。
それまでは、ここまで生きられるとは考えられなかったし、70過ぎてもその感はかなり強かったのです。
それが3.11の震災・大事故が私の思考を一変させました。
原発否定が、チェルノブイリ原発事故以來の感覚を蘇らせたのです。
それを持って、脱原発者としてツイッターを始めるきっかけともなったのです。
更に、追い打ちをかけるように、戦後70年、平和日本に信じられない反動内閣が突然の如く頭をもたげ、進捗度激しく現在に至っている訳です。
原発も再稼働し、後者は憲法改悪への道をひたすら歩み続けています。
呑気に隠居生活という感覚はとても持てませんでした。
当ブログの初期に多少書ましたが、私は世界大戦開戦の年に生まれ、幼くして疎開を経験し、空襲で家は丸燃え、家族もろとも命からがら逃げたのです。
兄は学徒出陣でしたが出撃前に敗戦となりました。
日本は、戦後は貧しくとも平和への道をひたすら突き進んできました。
それが今、なぜ?と問う間もなく恐ろしい世界へと入り込んできているのです。
年を考える暇なく私の70歳代はこうして今となっているのです。
まだ平和日本を見るまでは死ねません。
拙劣ですが私なりに反動と戦い続けるつもりです。
最後に、なぜ75の数字にこだわったのかの答えですが、私の親父が旅経った年齢が75だったからなのです。
また書きます。
keis.

« 為すべき事が山程あろう! | トップページ | あと2本載せたかったが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1670435/66962993

この記事へのトラックバック一覧です: 75という数字:

« 為すべき事が山程あろう! | トップページ | あと2本載せたかったが。 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31